ハシドイ
Syringa raticulata
(シリンガ ラティクラタ)


最新のページはこちらです

分 類

モクセイ科、ハシドイ属

原産地

日本、朝鮮半島など

類 別

落葉性、高木性、広葉樹
別名:ドスナラ、キンツクバネ

特 長
性 質

 北海道の山地でも普通に見られ、灰白色で褐色を帯びた樹皮には不規則な裂け目があります。主に公園樹、街路樹として利用され、ニセアカシアの花が終わりを告げる6月下旬から7月にかけて、前年伸びた枝先にクリーム色帯びた白い花を蜜に咲かせます。ハシドイの語源は花の付き方が「端に集う」ことによるという説があります。野山では緑が一層深まり花の少なくなった初夏を代表する大型サイズの花木で、主に北海道、本州の沢地に分布し高さは10メートル以上に達することがあります。

 英名でジャパニーズ・ツリー・ライラックと呼ばれるとおりライラック(ムラサキハシドイ)と同じ仲間で、直径6ミリ前後で深く4裂した花弁を持つ花が、ほのかに甘い香りを放ちながら円錐花序にびっしりと咲かせる様は見事です。道内では庭園樹として利用されることもあります。

その他

 ところでハシドイにはいくつかのあだ名(俗称)があり、北海道では主に林業関係者の間で、由来は定かではありませんが、ナラ材とくらべてあまり役に立たないという意でドスナラという不名誉な名が付けられています。本州では花の姿がビャクダン科のツクバネの苞(ほう)と同じように、正月の羽子板遊びに使う4枚の羽根を連想させるので、キンツクバネという風情のある名で呼ばれることがあります。庭木としての利用は容易で、まれにハマキムシによる食害、カイガラムシによる吸汁被害を受けることがありますが、ライラックに準じて防除します。

当社通信販売生産販売品トップページ

有限会社 川原花木園