サラサウツギ
Deutzia crenata f. plena




分 類

ユキノシタ科、ウツギ属

原産地

北海道から九州にかけて分布するウツギの変種

類 別

落葉性、低木性、広葉樹

特 長
性 質

 本種は道央以南でよく成育します。積雪の少ない冬期間の最低気温一30℃、最大積雪50cm、最大凍結深度1mの地域において10年間成育試験を行なった結果、積雪のない先端部が枯れ込むことがありますが、株が枯死することは稀です。道東、道北での植栽の場合は風当たりの少ない場所を選ぶようにしますが、公共事業用としては難があります。したがって土壌凍結のない道央以南の植栽に適します。

  • 道内でみられるウツギの仲間としてはもっとも遅く6月下旬ころ開花し、花は八重咲きで花弁の裏側が紅紫色。鑑賞価値の高い花木です。
  • 病虫害の発生はなく、管理は容易です。
  • 樹高は2〜3mになりますが、剪定することで生け垣などに利用することも可能です。

当社通信販売生産販売品トップページ

有限会社 川原花木園