オオベニウツギ(ベニウツギ)
Weigela florida


紫葉ベニウツギ


分 類

スイカズラ科、タニウツギ属

原産地

九州

類 別

落葉性、低木性、広葉樹

特 長
性 質

北海道でもほとんどの場所で、植裁可能です。花は濃紅色で、6月下旬から7月中旬に開花します。

注意事項

  • 当社で生産しているタニウツギ属のウツギおよびオオベニウツギの園芸品種は、下の表をご覧下さい。
  • 生産していないものを含め、「ウツギ」という名称を冠しているものは、こちらをご覧下さい。

生産しているタニウツギ属

フイリベニウツギ
Weigela florida 'Variegata'

 葉に白い覆輪が入ります。オオベニウツギに比べコンパクトな樹形となります。花は淡い紅色です。フイリタニウツギという呼称は誤り

ムラサキバベニウツギ
Weigela florida 'Foliis Purpureis'

 葉が褐色帯びた紫色です。オオベニウツギに比べ成長はやや遅くコンパクトにまとまるタイプです。花は淡い紅色です。

タニウツギ 
Weigela hortensis

 北海道、本州の日本海側に分布します。花は淡い紅色で、6月に開花します。株状に枝が伸び、性質は強健なのですが、耐寒性に幾分劣るので、植裁場所はやや考慮が必要です。

ウコンウツギ
Weigela middendorffiana

 北海道から本州北部の高地に分布します。他のタニウツギ属の種と比べても、高さ1m位とあまり大きくなりません。もともと高山性の植物のため、夏の暑さは苦手で、やや半日陰の場所を好むようです。6月に淡い黄色の花を咲かせます。

当社通信販売生産販売品トップページ

有限会社 川原花木園