シバザクラ
Phlox subulata


クラッカージャック
スカーレットフレーム
多摩の流れ
ホワイトデライト
モスラベンダー


分 類

ハナシノブ科 フロクス属

原産地

北アメリカ東部原産で、多くの園芸品種があります。

類 別

常緑性、多年草

特 長
性 質

 茎が地を這うように伸びて拡がり、大きな株になりますが背丈は10cm程度。

 背丈が高くならないこと、病害虫の発生がほとんどないことから一般家庭にも広く普及しています。多くの品種があり花色も多彩なこと、密に開花するので公共緑化にも多く利用されています。

 耐寒性に非常に優れ土質もあまり選びませんが、極端に排水性の悪い場所、高温多湿は好まないので北海道など冷涼な気候のところには安価で最適なグラウンドカバープランツです。

 基本的には挿し木、株分けでなどで増やすことができます。また園芸品種のなかには種子を付けるものがあり、実生によって新しい品種の誕生も期待できます。

近縁種

 俗にシバザクラとして扱われているなかにウメザキシバザクラ(Phlox douglasii)があり、なかでも濃紅色の「クラッカージャック」はよく見かけるようになりました。
 北アメリカ北西部原産で、降雨などによって花色が抜けやすいのですが、マットが緻密なため人気があります。

他の
園芸品種

 日本では園芸品種名ではなく、花の色で呼ばれていることが多いため各自の認識の違いからトラブルになることもあります。(詳しくはこちらをご覧ください)

 主な園芸品種としては、「スカーレットフレーム」(俗に赤)、「オータムローズ」(ピンク)のほか白花の「ホワイトデライト」、覆輪模様の「多摩の流れ」、紫系の「モスラベンダー」「G.F.ウィルソン」、星形の花を持つ「スターグロウ」、大輪咲きの「マック・ダニエル・クッション」「サンプソン」などがあります。

 本園での試験栽培状況(早来町)


植栽密度

 群植する場合は、1平方メートル当たり25株とすることが多いようですが、完成を急がず、除草などの管理を怠らなければ16株でも問題はありません。

当社通信販売生産販売品トップページ

有限会社 川原花木園