オンファロデス
Omphalodes
(オンファロデス属)



分 類

ムラサキ科 ルリソウ属

原産地

この属は28種あり、小アジア、地中海西部沿岸、ギリシャ、中部ヨーロッパ山岳地、東部ヨーロッパなどに分布していて、日本の東北以南にはヤマルリソウ(O. japonica)、ルリソウ(O. krameri)が自生しています。

類 別

多年草(リニフォリア種は一年草)

特 長
性 質

 5月初旬から中旬に直径約1.5cm前後の鮮やかな青い花を咲かせます。一般的に高温多湿に弱く寒さに強いので北海道に適した植物です。草丈は10〜25cmで、湿潤な土質と半日陰または木漏れ日を浴びる樹下などを好みシェードガーデンのグランドカバー植物として最適です。ただし、乾燥した場所、夏の直射日光に長時間さらされる場所では葉が縮まるなど株が弱るので避けた方が無難です。

土地は肥沃である必要はなく、通常の環境で問題ありません。匍匐する地下茎から茎を出し、細長い花茎の先端にまばらに花を咲かせます。最近、花に白の覆輪が入った園芸品種もあります。

その他

オンファロデスの名はギリシャ語(omphalos:へそ)(eidos:似る)に由来し、英名は、navelwort、navelseed。このうち、オンファロデス ウェルナ(O. verna )は、Creeping forget-me-not の英名で呼ばれ、白花(O. verna 'Alba')もあります。

当社通信販売生産販売品トップページ

有限会社 川原花木園