ダイアンサス
Dianthus


「かおる」



分 類

ナデシコ科、ナデシコ(ディアンツス)属

原産地

*

類 別

常緑性、多年草(一年草もありますが当社では生産していません)

特 長
性 質

 ナデシコ属全体では、日本を含め極地以外に広く分布する植物で、熱帯地方では主に山岳の涼しいところに自生しているそうです。当社では15年ほど前に様々な種を試験栽培しています。当時は市場性がなく多くの種類は中断していますが、現在生産中のものを含めいくつかを御紹介いたします。これらは花後に花がらがすぐに脱落せず残るため見た目が悪いとする向きもありますが、種類によってはコンパクトでロックガーデン向きであったり、マットが緻密で青白い葉が美しく園芸・公共緑化用に有望であるなど、冷涼な北海道に適した種類が数多くあります。

その他

下の表で、D. は Dianthus の略。現在生産していませんので御了承下さい。

 



学名
和名、園芸品種名
備考

D. alpinus

オヤマナデシコ

アルプス原産

D. ×allwoodii alpinus

オールウッディー・アルピヌス

D. alpinus × plumarius × sylvestris?

D. arenarius

ディアンツス アレナリウス

ヨーロッパ東部

D. barbatus

ビジョナデシコ

ヨーロッパ東南部、一年草扱い

D. caryophyllus

ホソバナデシコ

カーネーション各品種の親

D. chinensis

セキチク

中国原産

D. deltoides

ヒメナデシコ

花は小さめ。雨で倒伏し易い

'Microchip'

「マイクロチップ」

白、淡桃、赤各種

var. alba

(白花ヒメナデシコ)

白花

D. gratianopolitanus

ディアンツス グラチアノポリタヌス

ヨーロッパ原産

D. japonicus

ハマナデシコ

暖地向き

D. knappii

ディアンツス クナーピー

唯一の黄花種、花は小さい

D. petraeus

ディアンツス ペトラエウス

バルカン半島

D. plumarius

タツタナデシコ

俗称ライオンロックはこれに含まれる。

'Kaoru'

「かおる」

当社作出、二重咲き

D. superbus

エゾカワラナデシコ

花弁が独特で道内にも自生する。

D. sylvestris

ディアンツス シルウェストリス

スペイン、ヨーロッパ南部

当社通信販売生産販売品トップページ

有限会社 川原花木園